スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕に‘運命’はあたかも‘偶然’の事のように訪れた②

‘この抑えられない
  胸の震えをどうするんだ?’






 誰もが人生で、映画の1場面のように鮮明に残っている記憶が
1,2種類ずつはあるはずだ。その時期の日常や友人達
平凡だった僕の日の記憶たちは あたかも
やや青く色褪せた水中残像のように微かにかすめていくのに
唯一 昨日起きたことのように鮮明に残っている
ただ一つの瞬間の記憶。

 僕はそんな場面がまさに人生で忘れてはならない重大なシーンだと考えた。
衝撃的な体験であることもあって
僕の中でむずむずと広がり始めていた熱望が
爆発した瞬間であることでもあり
新しい人生のカーテンがサッと反り返った瞬間でもある。

 僕の人生の最初の重要なシーンは僕の兄の部屋で起きた。
今でも僕がTOP兄さんの部屋へこっそりと入るのを好むというのは
もしかしたら その日のその経験のためではないかと思う。

 机の上にドカンと置かれていた兄の宝物1号カセットラジオ。
6歳頃の僕にとって、それは現実とは違う世界への旅行を
可能にする神秘な門であった。
僕より5歳上の兄は当時、小学校高学年だったのに
音楽に唯一、関心が多くて、同じ年頃に比べて選曲基準が難しかった。
今はミュージカル俳優をしているから、早くから音楽に対して好みが
格別だったのだ。夜ごとヘッドホンをはさみ
頭とつま先を大きく動かして兄が聴く歌。
僕はそれがあまりにも気になった。
 ある日のこと、兄が眠る隙にコッソリとヘッドホンをはさみ
カセットラジオをつけた時、僕はその場で固まってしまった。
黒人音楽を世界へ入門させたマイケルジャクソン
当時の革命家ソテジワアイドゥルの音楽に
僕はこうして初めて目を開いた。
アコースティックで溌剌とした童謡を聴かなければならない年齢に
その代わり、bitとfeelingが僕に訪れた瞬間であった。

 自然に僕の音楽的趣向は兄の系譜について流れていき始めた。
先輩達の話を聞いてみれば、高等学生や大学生の
兄さん達の趣向についてGuns N's RosesやDeep Purpleの音楽を聴けば
ロックとヘビーメタルの本能を起こしたという体験談が多くて
僕はやはりそういったいきさつだ。

 その後、夜を徹して音楽を聴くことも頻繁になった。
昼間には身動きせず、兄がカセットを独占しているから
仕方なく夜間自習が続いたのだ。
英語が分からないから、その意味が何かも分からなくて
スタンド明かりに頼ってラップ、歌詞をハングルで
音がする通り書き取って 一人で付いて歌うこともした。
音楽の音がもれていくかと思って布団までかぶって話した。

 今もあまりにも好きなBrian Kelly McknightのR&Bをはじめとして
ソウル・ポップ・ロックンロール・ヒップホップまで
ジャンルを分けず多様な音楽を聴きあさった。
特にStevie WonderやBoyzⅡMenの音楽は
数百回ずつ繰り返し聴いて、後にはテープが
みな引き伸びる状況だった。
 そこまでしても歌手になるという考えは夢にも思わなかったが
音楽というDNAは僕の血の半分程度を浸していたみたいだ。








そういえば TOPが撮影を終えて帰ると

自分(TOP)の部屋にヨンベが潜んでたりして

驚くって言ってましたね


そういう小さなイタズラが好きなヨンベ

可愛いやつダ

僕に‘運命’はあたかも‘偶然’の事のように訪れた①

ビリっとしたワイルドロードを実行する!


 高等学校の友人の中に 狂ったようにゲームを好む奴がいた。
本当にゲームに狂ったとしか その子を表現する方法がなかった。
夜を明かしゲームをする事でも足りず 朝 学校へ来る直前まで
PCバン(←ネットカフェの事)でゲームをすることも茶飯事だった。
ただ‘好む’という水準を越えて
そいつのゲームの実力は超感覚的で動物的だった。
プロゲーマーのイム・ヨファンがそうなのか?
新しいゲームが市場に出れば、最も先に読破して
バグまで探し出し資料を作って回すほどだった。
 
 ある日そいつと偶然に話を交わす機会ができた。
ひどい練習生生活を継続するのに、学校に行く日より
欠席する日がより多かったが、友人達と話を交わす事だけは
僕の短い学生時代の大切な記憶をつくるものだったので
いい加減にしないように、と努力した頃であった。
‘おい インマ(←あだ名?) お前 夢は何だよ’
ゲームをそのように好きだと、なお運が良くも
ものすごく上手くやるとすら感じるから
その熱情と実力に似合った返事が出てくると
期待して僕は聞いた。
‘お? あぁ・・・もちろんPCバンの主人だろ!
それならお金を出さず思い切りゲームできるじゃないか’
‘なに?!!’

 もちろん、どこまでもそいつの夢だから
合っている違っている(などの)正解はない。
だけど、そいつの夢がもう少しもっともらしい事だろうと
期待した僕が内心、気力が抜けてしまった。
‘野郎!お前なら十分にできるのに、なぜ
もっと大きくてカッコイイ夢を持たないんだ?’
 だけど、僕はそいつにその言葉をわたすことが出来なかった。
その子にはその子の人生がある。
そして、自ら選択した事だけでも十分に尊重される権利がある。
だが、今でも機会ができたのなら
その友人に勇気をだして言ってやりたい。
‘世界的なプロゲーマーになり得る人が
そのように小さな夢を見ようとしている事は
明らかに大きな浪費で危険’だと。


 歌手という夢を具体化させ始めながら、僕は正直
学校が面白くなかった。いや、正確に言うと
学校の友人たちや先生が嫌いという事ではなく
僕らの学校がもっている‘緩慢さ’に少し失望したという方が合うだろう。
目的と意味なく反復される無意味な学士 行政、
不合理で非効率的な勉強方法、不条理なシステムに対して
内心、不満も多くもったみたいだ。
 だけど何より、堪えるのに疲れたこと
その中に閉じ込められあたかも明日が無いかのように
‘のそのそ’と1日1日をおくる何人かの友人達を見る時であった。
幼い僕の目にはその友人達が‘1日’とは人生の大切なカケラカケラを
とても虚しくて目的無くおくる事のように見えた。
美味しいものを食べて、先生達に対してつけられなければ良くて
成績が少し上がれば嬉しくて、自販機で飲み物を選ぶように
特に悩まず進路をえらんで・・・。

 僕はその友人達と一緒に享受されるかもしれない
‘安定した未来’と‘幸福な日常’に楽しみを置いておいた。
その置いておく事にたいして、いつか後悔する日が来るかもしれない。
だけども、僕はこの未練を後にして、ほんの少し早く
井戸の外に出て来るのを選択した。

 少しは退屈だが、親切な表示板が付いている安定した道路
すなわち、他の人々が‘スタンダード’だと呼ぶ黄色い舗装道路から抜け出し
僕は茂が生い茂り、どこへ伸びているか分からない‘ワイルドロード’を選択した。
1種類の道を選択した瞬間、違う道へ行く機会はなくなった。
僕は友人達が享受するものを享受できないことであり、
友人達は僕が享受することを享受できないという事なのだ。
 運命的な‘僕の夢’との遭遇は ある日突然 偶然のようにやってきた。









とりあえず、1章だけ訳したものを載せました

まだ ほんの「でだし」です


この後、ジヌション子役で「A-YO」MVに出た話から

練習生時代の待ちぼうけ事件や

かの有名な 社長のキツイ一言・・・

へと話は続いてゆくのです




正直な努力は どこででも輝く TAEYANG



正直な努力は どこででも輝く   
           疾走本能
 TAEYANG




跳び上がって下さい。

自分の位置に留まっている事は

魅力的ではないですから。

昨日と違う今日のみが

希望に満ちた明日の条件です。

そして

その希望に満ちた明日のために、

私達は今日も

今日の汗を耐えるのです。

紹介します。

僕の恥ずかしくない汗の記録を。    
                           by TAEYANG







まず 最初のタイトル部分を訳しました



最初から おかしな日本語ですが

韓国語ならではの表現が多々ありますので

なるべく直訳でとなると

日本語では伝わりにくい表現になってしまいます

その点をご理解頂いた上で

御覧になって頂ければ幸いです


もちろん 私が個人的に訳したものですので

100%正確かと問われれば

「はい」とは言えませんが

原文に忠実に を心がけますので

ご理解下さい

プロフィール

ユウ

Author:ユウ
管理人⇒ユウ
トン・ヨンベ氏の微笑みに
心を奪われて5年目・・・
YGファミリー大好き★

BIGBANGのBLOGをしていますが
ヨンベ愛の深さにより
「YBism」をスタート!!
B型ならではの不思議な彼の魅力をお届けしていきます♪

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
いつも心に太陽を・・・
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。