スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEWSENインタビュー Pt

‘ダンサー’ 太陽 “私がダンスではなく R&Bに 固執する理由”

(newsenインタビュー記事より)


太陽が帰って来た.

グループBIGBANGの太陽ではない 'ヨンベ' 太陽のソロだ.

太陽は最近ソロ初正規アルバムを発表して 'I Need A Girl'で活動の中だ.

BIGBANGメンバーたちの中で一番多いソロ曲を発表した太陽が

もう一度自分の名前がかかったアルバムを持って帰って来たこと.

 

太陽は韓国アイドルの中で最も完璧なパフォーマンスと舞台マナーを持っていることで評価を受ける.

数多くの音楽関係者あるいはマネージャーたちが

太陽の舞台を関心あるように見守る場合が少なくない.

彼らの口では終始一貫した話が出る."欲しい".

人気順位にかかわらず関係者たちの間で最も高い点数を受けているメンバーも太陽だ.

"他のアイドルとは水準が違う"と言うのが一般的な評論.

 

■私がダンスではない R&Bに固執する理由■

 

そんな太陽だが特に太陽は 'ダンス'ではない'R&B'が好きだ.

力強いヒップホップサウンドやエレクトロニックジャンルではない

'R&B'をタイトル曲で押して出た.

幾人かの歌謡関係者たちはもちろん一部ファンも

"どうしてパフォーマンスを完壁に見せられる力強いヒップホップダンスを見せてくれないか"といぶかしがるほどだ.

今回のアルバムでも強烈な感じの曲の代りに (一部ファンの熱望と違うように)

柔らかい感じの'R&B'曲である 'I Need A Girl'をタイトル曲で決めた.

 

このような雰囲気に太陽はただ一言で返事する.

"あ~~~",自分の活動をずっと見守ったらその理由が分かるという意味の "あ~~~"だ.

 

太陽は最近インタビューで"どうしてダンスではなくR&Bに固執するのか"と言う質問に

"一番聞きたかった質問"と返事した.

ファンが一番気になった質問でもある.

 

太陽は

"私のベースはR&Bだ.僕が一番よく表現することができるし一番したい音楽ジャンルだ"と前提にした後

"もしダンスジャンルを主な武器としたとすれば

 僕もやはり音楽をすることが気楽だったはずだ.

 歌を選んで活動方向を決めることもやさしかっただろう.

 しかし僕は僕が歌いたいこと,僕がしたい音楽を追い求めたい.

 23歳の若い年だから可能な事ではないだろうか"と自信感ありげに返事した.

 

また

"不足な面があり得る. しかし今の道が違うと思わない. 時間が経てば経つほど多様な感性で歌を歌うことあるようだ"と

"活動の姿を見守るならば僕がどうしてR&Bに固執するのか理解することができること"と説明した.

 

■1位に欲心ない■

 

また"して来た通りにすることと個人的にしてはいけないのがある.

 して来た通りにしたら過程や結果はやさしかったが、僕にそんなに大きい満足を与えられなかったようだ"と

"他の見方をすれば少数だけが満足するしかないアルバムになったりもするだろうが

そのことが第一歩だと考える.

軽々しさよりは太陽だけの色を作って行くのが重要な時期だ.

今はちょっと理解され難いことがあるが時間が経てば僕がどうしてR&Bに固執するのか理解できるわけと感じる"と伝えた.

 

太陽は"もし韓国で 1位ができる活動を望んだとすれば言葉が変わること"と言いながら

"しかし僕は 1位に大きい欲心がない.

1位よりは僕が好きな音楽,僕を見知ってくれる人々のための歌を歌いたい.

低いチャート順位が私の音楽的欲心を変えることはできない.

それでも率直にヤン・ヒョンソク社長にすまない気はある"と本音を現わした.

 

続いて"僕の意地が違わなかった思う.

北米で反応が良いことを見た時気持ちが良かった"と

"発展して行く太陽で見てほしい"と付け加えた.

 

太陽は今回のアルバム発表時期が遅れたことに対して

"率直に時間がかかった.負担感もあった"と

"こんな負担感にアルバム発表が延ばされたのも事実だ.

非常に悩んだし歌一つの出るにも時間が長くかかった.

しかし実際にアルバムが発表されたら幸せなだけだ.

そんな気持ちで仕事をしている.

私の歌を聞かせることができる胸のときめきが大きい"と説明した.

 

BIGBANG 太陽 “キムチ炒飯を本当によく作るんだって?”

(newsenインタビュー)


強烈なばかりだったBIGABNGの太陽が 'ヌングルナム'(←造語?)になった.

最近ソロでカムバックして活動を始めた太陽が以前と違う'ヌングルナム'になった.

歌スタイルはもちろん歌詞さえソロの '狙い撃ち'対象になるほどだ.

ただ歌だけではない.

性格もたくさん変わった.

ひととき何も言わなくてはにかむことの多かった太陽ではない.

とても明るくなって変なくらいだ.

歌謡関係者たちが太陽に対する初言葉が

"性格が明るくならなかったですか?"であるくらいだ.

太陽には何事があったのか.

 

■キムチチャーハン本当にお上手にするのですか?■

 

新曲 'I Need A Girl'で一番人目を引く大きな一節は "キムチチャーハン"だ.

"キムチチャーハンは私がよく作って代わりによく食べることができる女.."という歌詞は

別の見方をすれば非常に幼稚だとみられるほどだ.

その非常に多くの粹な食べ物の中で太陽はどうしてキムチチャーハンを選択したのだろう.

質問さえ幼稚だがファンが一番気になった部分でもある.

 

太陽は最近のインタビューでこれに対してあまりにも簡潔に返事した.

"僕のできる食べ物はたった二つだ.

 キムチチャーハンとラーメンだ.

 それでも 'ラーメンをよく作って,代わりによく食べることができる女'

 ということにはならないではないか"と笑みをたたえた.

 

今回の新曲は真にやわらかい.

太陽のイメージとは全くマッチにならないほどだ.

それでも太陽はいつよりも楽しい舞台を作っていると伝える.

歌詞はもちろん表情全部幸せだ.

ここに一部ファンは

"ひょっとして太陽が恋愛をしていることでないか"と疑惑(?)のまなざしを送ったりする.

 

太陽は "恋愛はしていない"と言い切って返事した.

その代わり太陽は自身が明るくなった理由を他の所で探した.

 

●“恋愛ソング? ガールフレンドいなくて... 恋愛、うらやましいことはある

 

太陽は

"2009年は個人的に非常に大変な時期だった.

 歌手としても懐疑を感じたりするほどに心が良くなかった"と

"心をたくさん閉ざして暮した.口数が少なかったこともこれによることだ"と打ち明けた.

 

また

"しかしある瞬間から 'このように生きれば歌を歌うことができないようだ'という気がした.

心を最大限開かれて努力したしそのように生きて行っている.

僕の人生はもちろん僕の音楽にも邪魔になった暗い部分がたくさん消えた.

僕が歌に真心を込めて,感性を入れようとすれば心を開かなければならないと思ったし

そのように生きるために努力してきた"と本音を現わした.

 

また

"性格を変えたら力が生じていたよ.

 これからする音楽に対する目標とか,価値観も生じたようだ"と

"混沌を経験して勝ち抜けたら今は人生を少しは分かるようだ"と説明した.

 

こんな太陽に質問一つをさらに投げてみた.

"歌もそうだが率直に恋愛する人々見ればどうなのか".

ずいぶん長い間悩んだ太陽が口を開いた.

"率直にこの間までは恋愛する人々が息苦しく見えた.

 'あんな感情はなにか'と気になったりした"と言いながらも

"今は変わった. 一緒に気持ちがよくなる.少しは羨ましい"

と笑みをたたえながら返事した.

 

 

 

 

 

ヨンベのDanceは最高
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ユウ

Author:ユウ
管理人⇒ユウ
トン・ヨンベ氏の微笑みに
心を奪われて5年目・・・
YGファミリー大好き★

BIGBANGのBLOGをしていますが
ヨンベ愛の深さにより
「YBism」をスタート!!
B型ならではの不思議な彼の魅力をお届けしていきます♪

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。